アコモネットがオーストラリア全土のホテル、コンドミニアム、レンタカー、空港送迎、ゴルフ、現地ツアーの予約手配をお手伝いいたします。

申し込みカートを見る

アコモネットのスタッフブログ

2007年

地ビール

投稿者:とん /投稿日:2007年12月31日

オーストラリアにも沢山のビールがありますが、日本のように限定ビールとか珍しいビールはあまりありません。オーストラリアのビールはコクがあって、味に深みのあるものを探すのは一苦労です。日本人には長年飲みなれた日本のビールが合っているのかもしれません。
先日、日本の友人が土産にくれた、川越の地ビール、小江戸ブルワリーの地ビールはなかなかなものでした。青いラベルの瑠璃は深みのある味わいで苦味も丁度良くお勧めです。なんと2007年のモンドセレクション最高金賞を受賞しているようです。モンドセレクションと言えば、幼少のころブルボンのお菓子が受賞していたすごい賞だった気が...
日本に帰った時はまた味わいたいものです。

優れもの【縫い針】編

投稿者:COO /投稿日:2007年12月27日

sail%20001.jpg年の瀬も押し迫って何かと忙しいのにやってくれました。友人が遊びに来ていて調子にのった長男は二階のベランダから日除け用セイルに乗って・・・・案の定、破けました。(もう体格は大きいのです)

ピーンと張っているセイルを一度緩めて外してから修繕すればいいのでしょうが、無精者のcooはセイルを外すことをせずに、アウトドアテーブルの上にコーヒーテーブルを乗せて、その上に脚立を乗せて、針と釣り糸で修繕を開始。修繕開始からまもなくして1つの事を発見。普通の縫い針ではピーンと張られたセイルを縫うことは至難の業。そこで頼もしい縫い針をご紹介。このように半円になっているのでピーンをしたものも簡単に縫えます。ちょっとした高さになったふらふらする足元に加え、上を見上げての修繕作業とあり、【怖いわ】、【暑いわ】、【まぶしいわ】、【首&手が痛いわ】で結構大変でしたが、このすぐれもののおかげで無事修繕が完了しました。直径の長さが違ういろいろなサイズがありますので、何かの時にはどうぞお試しを。

sail%20002.jpg sail%20003.jpg
▲針 ▲修繕後

MANO'S SEA BAR

投稿者:パズギズ /投稿日:2007年12月24日

manos.JPG今回は、人通りの多い、サーファーズパラダイスを避けて、隣の小洒落た街、「メインビーチ」のお勧めレストランをご紹介。場所は、有名人が数多く、カジュアルな雰囲気で訪れる「Mano's」。メインビーチの目抜き通りテダー・アベニューの、Village Centreの地階で、目印は、噴水。最近では、麻薬問題に揺れるAFLのスター・プレイヤー、ベン・カズンもやって来ました。なかなか、美味しいと思えるレストランに出会えない、「インターナショナル料理」という、あいまいなカテゴリーの中で、最初に頼んだスープから、「おおっっ。」と思った、このMano'sは、たまの中でもかなりポイントが高い。それから、何度か通い、ピザ、スープ、ステーキ、時には、和牛というのもあり、どれも美味で大満足のたまだった。ある日、そのMano'sが、シーフードの専門セクションをオープンしたとプーチから聞き、早速行ってみる事に。シーフード(特に生で食べる、刺身系)は、やはり、日本食レストランの一人勝ちと思うたま、プーチの誘いには、かなり疑いの目をしながら、レストランに到着。シーフード専門セクションは、Mano'sの店内席のバーカウンターをリフォームして作られている、名前は、「Mano's Sea Bar」。(入口にあるレストラン「Mano's」とは、別メニューなので、Sea Bar利用の場合は、最初にその旨を伝えてください。)寿司バーみたいに、カウンターに腰掛け、ショーケースを覗く、期待に反し、あんまりディスプレイの量は多くない。ちょっと、不安のたま、メニューを開けてみた。なんと、なんと鮭のあぶり握りとか、なんだか聞いたことのあるようなメニューがある。刺身も勿論、ある。まずは、刺身(日本食以外のレストランでは、オーダーするたびに裏切られる定番メニューなのに、何故かたのんでしまう)を注文。メニューは、オージーのシェフがカウンター内で作ってくれる、この辺りも和食レストラン風。そして、出てきた刺身、一口食べて、、、「美味しい!!」日本食レストランも顔負けの味じゃないですか。そこからは、ホタテ、牡蠣、寿司、海老を心おきなく、注文し、仲良くなったシェフの特別メニューまで、有難く頂き、ご満悦のたま。この微妙な味の秘密を探ると、、、やはり、彼(シェフ)の奥様は日本人だそうで、日本にも行った事があるのだとか。さすが、この味やメニューの作り方は、本場仕込だったわけですね!!料金もお手頃で、ワインも結構な品揃え、しばらく病みつきになりそうです。

【連絡先/予約要】
Ph. (07) 5526 4022
Fax: (07) 5532 1673
E-mail info@manos.com.au
メニューのチェックはこちらから

ニューイヤーズ イブ(12月31日)の花火

投稿者: /投稿日:2007年12月23日

この時期の楽しみは、クリスマスライトアップと12月31日の花火、前回クリスマスライトアップを紹介しましたが、今回はニューイヤーズ イブの花火をご案内します。この時期にゴールドコーストの滞在している方は、お見逃しなく。この日は7箇所で打ち上げの予定です。注目はサーファーズパラダイスとブロードビーチで打ち上げられる花火。我が家は毎年ロビーナショッピングセンターで見ていましたが、今年は
拡張工事のため、打ち上げはないそうです。下記のホームページで場所を時間を確認下さい。
ちなみに、日本の隅田川花火大会のようなスケールは期待しないで下さい。それでは、パーッと来年に願を掛けて!
http://www.goldcoast.qld.gov.au/t_standard.aspx?pid=7443

“おつまみ”に②「フィリー(フィラデルフィア)シリーズ」

投稿者:ぱんだ /投稿日:2007年12月22日

dip_5.jpg「スモークオイスター」に続き、今回も、手軽な“おつまみ”をご紹介します。

クラフト社(Kraft Food Limited)の「ガーリック&ハーブ フィリーシリーズ(Garlic & Harb Phlly)」は、急な来客や時間が無い時にピッタリ。
プッチンプリンの要領で、フタを開け、ひっくり返すだけ。クラッカーを添えると、立派なおつまみの完成です。
フィラデルフィア・クリームチーズの白と、暖色系のソースの色の組合せも鮮やかで、食欲をそそります。
ブルシェッタ、グリルド・カプシカン、キャラメライズド・オニオンの3種類のソースがあります。私のお気に入りは「キャラメライズド オニオン」。ソースの色が鮮やかな他の種類と比べると、見た目は劣りますが、バルサミコ酢とオニオンの風味がマッチしたソースが美味しいですよ♪
大手スーパーで手軽に購入出来るので、オーストラリアワインのお供に、是非どうぞ♥

オーストラリア、Aリーグ

投稿者:コロ /投稿日:2007年12月21日

aleague_koro01.jpgサッカーファンの友人に誘われて、Aリーグ(オーストラリア・プロ・サッカーリーグ)の試合を見に行きました。試合は、ブリスベン市内にある、Suncorp Stadium(サンコープ スタジアム)。ここは、QLD唯一のチーム『Queensland Roar(クイーンズランド・ロアー)』のホームグラウンドです。
Aリーグのチームは、全部で8チーム。我ら『Roar』は、現在2位でがんばっています。対戦チームは、現在トップの『Central Coast Mariners(セントラルコースト・マリナーズ)』。かなり手ごわい相手で、白熱戦の対決でしたが、なんと!地元の熱い応援に励まされたか、この日は、2対1で『Roar』が勝利をおさめました!!わーい!
まだまだオーストラリア内では、ラグビーやAFLに比べると負けてはいるものの、ワールドカップ以来、ぐんぐん人気が上がってきたサッカー。この日も会場はすごく盛り上がっていて、試合はもちろん、サポーター見物にもかなり楽しませてもらいました。おかげで私も今ではAリーグのファンです!がんばれ!Aリーグ!!
『Queensland Roar』公式サイトはこちら!!

ジュリーク

投稿者:とん /投稿日:2007年12月17日

オーストラリアのお土産で日本よりも割安感があるのが、オーストラリア産の化粧品『ジュリーク』。自社農園にて栽培した有機栽培のハーブ類を原料としているので、敏感肌やアレルギーのある方にも使えるようです。写真の商品は11月までのパッケージですが、現在販売されている商品は花柄の物に変わっています。新製品の中身は以前と同じなので、古いパッケージの商品は割引販売されているお店もあるようです。

素敵な訪問者(?)=カルガモの親子=

投稿者:COO /投稿日:2007年12月17日

見て見て!かわいいベイビーカルガモ。ある日帰宅した時に見つけました。私が近づこうとしたら、危険!と思った親ガモはいきなり下の川にジャンプ。するとそれに続けと子ガモも次々とジャンプ。しかし1羽だけコンクリートの縁が高くてなかなかその縁に乗れずジャンプが出来ずにいました。慌てふためいて右往左往。見てて気の毒になるくらいです。やっとの事で縁のよじ登り川にジャンプ。子ガモが一番ドキドキしてたと思うけど、見てる私もドキドキでした。川に入ればこっちのものって感じでススーと水面をすべるように移動。見ているだけで飽きません。これからパンをあげるからもっともっと遊びに来てね。

duck%20001.jpg duck%20002.jpg

変わった野菜にチャレンジ!!

投稿者:ちゅらかーぎ /投稿日:2007年12月17日

あまり見かけないこの野菜はCHOKOと言います。変な形はどことなくゴーヤを連想させます。アクもあります。手に持つと、とっても硬くて「どうやって食べるの?」と不思議に思うはず。CHOKO(チョーコー)は中米原産のウリ科の野菜、日本名で言うと「ハヤトウリ」だそうです。煮て食べてもよし、オーブン料理でもよし。我が家は、グルメさんから伝授してもらい、日本人らしくチョーコーのぬか漬けで食べてみました。皮を剥いて、半分に切り、ぬか床に一晩いれます。すると歯ごたえ、味、とっても最高!!きゅうりや人参のぬか漬けより、好きになってしまいました。今は時期的に少し高いので、野菜屋さんで売れ残ってSALEとなったものを買い、試してみてください。

choko_cyu01.jpg choko_cyu02.jpg

クリスマス ライトアップ

投稿者: /投稿日:2007年12月16日

ゴールドコーストのクリスマス時期の恒例イベントといえば、クリスマスライトアップ。毎年出かけていますが、オーストラリアの好景気に支えられて、毎年加熱するばかりのという感想を抱くのは私だけではないと思います。今年のグランドチャンピョンの家を見てきました、家の周りには、車が沢山、ライトアップツアーも、ゴールドコースト市が主催していることもあり、大型バスで見に来る人沢山いました。
兎に角、家全てにデコレーションライトアップ、まぶしいぐらいでした。また、クリスマスソングも流れていて、クリスマス気分満開でした。(でも、きっと近所の人は、迷惑かもしれません、この場所は閑静な場所のようでしたので)。ちなみに住所は 75 CORONET CRESCENT BRLEIGH WATERSです。
この日は、ほかにも2つほど見てきました、どれもこれも、お金を掛けて、本当に過熱気味。今度は12月31日の花火、こちらも今月の恒例のイベントです。楽しみな月です。ゴールドコースト市のホームページに今年の受賞者のリストがあるので、参考までこちらからどうぞ

このページのトップへ移動