アコモネットがオーストラリア全土のホテル、コンドミニアム、レンタカー、空港送迎、ゴルフ、現地ツアーの予約手配をお手伝いいたします。

申し込みカートを見る

アコモネットのスタッフブログ

2010年

その後のサーファーズビーチエリア

投稿者:コロ /投稿日:2010年12月31日

img_koro_31dec10.jpgゴールドコーストの中心地、サーファーズパラダイスビーチ前のリニューアル工事。最近雨が降り続いたせいか、残念ながらまだ全部は完成していませんが、以前と比べてだんだん雰囲気が変わってきました。綺麗になったのはもちろん、石のベンチ等腰掛けられるようなスペースがたくさん増えた感じ。私みたいに海を眺めに休憩しにくる人達にとっては、嬉しい限り♪
ただ、お馴染みのカビルモール前アーチ付近はまだ工事の途中…。どんな風になるかは年明けまでおあずけです…。まあそんな事はおかまいなく、今晩はこの辺りもカウントダウンを祝う人人人で埋め尽くされることでしょう!
カウントダウンの花火は、サーファーズ以外にもブロードビーチやサウスポート等で打ち上げられる予定。盛大な花火が見れるといいですネ!!

やっと晴れたゴールドコースト

投稿者:ちゅらかーぎ /投稿日:2010年12月30日

img-cyu-30dec10.JPGクリスマスホリデーの4日間も雨、いったい何日ぶりなのか、今日久しぶりにゴールドコーストは青い空と太陽をみることができました。やっぱりこれでないとゴールドコーストの良さがひきたちません。

気持ちよい風、内海には待ち構えていたかのようにクルージングを楽しむ人たちで大賑わい。車もたくさんでサーファーズパラダイスに向かう道は渋滞。皆、今までじっと家で過ごしていた分、外に出てストレス解消です。この天気どうか年末年始まで続きますように。。。1週間前に見た天気予報よりだいぶいい方向にお天気が回復してます。期待したいところです。てるてる坊主たくさん作ろうかなあ。

ドラマ・WHITE COLLAR

投稿者:ぱんだ /投稿日:2010年12月18日

お気に入りのドラマ「WHITE COLLAR(ホワイトカラー)」の第二シーズンが始まりました。米USAで2010年7月から放映されていましたが、オーストラリアでも今月からNetwork Tenで放送開始となりました。嬉しい~!!!!

img-panda-21dec10-01.JPG

天才詐欺師ニールとFBI捜査官・ピーターがとある事情で手を組み、知的犯罪事件を解決していくというこのドラマ。
偶然、第一シーズンの第一話を見たのですが、ストーリーラインが秀逸であっという間にハマってしまいました。ストーリーが面白いのは勿論、ニールとピーターの不思議な…でも息のあったパートナーシップ、ニールのスタイリッシュなファッション&スマートな身のこなしなど見所満載です。ニールを演じるマット・ボマーがこれ以上ないくらいハンサムなのもポイントです(笑)
アメリカでは既に第三シーズンの作成も決まっているとか。第二シーズンを見始めたばかりですが、こちらも今から楽しみです。

img-panda-21dec10-02.JPG

日本では来年一月からAXNミステリーで第二シーズンの放映が決まっているようです。邦題は「WHITE COLLAR・天才詐欺師は捜査官」だそうですので、海外ドラマがお好きな方は是非ご覧下さい。
マット・ボマーの魅力にメロメロになった方、お便り下さい(笑)

img-panda-21dec10-03.jpg

なんちゃってLiptonのピーチティー

投稿者:kimmy /投稿日:2010年12月14日

img_kimmy_14dec10.jpgコーディアル(Cordial)って皆さん知ってます?オーストラリアの子供たちが大好きな、カキ氷のシロップみたいな、濃縮された液体を水で割る飲み物です。このコーディアルで育った旦那様は炭酸飲料と並び、これが大好きです。私は健康志向なので、こういう100%ナチュラルでない邪道な物は飲まない主義なのですが、最近見つけたBickford'sのPeach Teaは何とLiptonのピーチティーの味がします。他にもレモン味もあり、こちらもちゃんとしたレモンティーでした。スーパーマーケットにてA$3くらいの値段です。
Liptonもこういうものを使って大量生産しているのではないかと思ってしまいます。このコーディアルのボトル1本でLiptonのピーチティーを何杯つくれるのか?考えてしまいます。
子供ちゃんがたくさんいる家には重宝する代物です。そういえば、昔、スイスのお友達の家でホームステイをした時、ピンク色をした水を出されていました。この一家は大家族で私を含めると10人で食卓を囲んでいました。食費も馬鹿になりませんよね。

教訓茶碗

投稿者:COO /投稿日:2010年12月 9日

COOはおもしろアイデア商品や癒し系グッズ、便利な優れものにとても興味がある。そんなものを沢山取り揃えているサイトがありメルマガを頻繁にもらっているけど、なかなか毎回読む事はなく、いつもスルーしていましたが、クリスマス時期だからかチラッと見たくなるようなタイトルで送ってきた。メルマガを久しぶりに拝読してみた。
そこでCOOの目に留まったのは【教訓茶碗】。何?と思い見てみたら、湯のみ茶碗なのに真ん中に穴が開いているそうだ。

img_coo_10dec10_03.jpg

でもある一定の水位まで(八分目辺りらしい)は絶対に水は穴からはこぼれ出ないそうだ。そしてそのある一定の水位を超えてしまうとダァーと一気に注いだ水は茶碗から出てしまうそうだ。茶碗の中には沖縄のシーサが鎮座している。なんとこの不思議な茶碗は約230年前の石垣島から始まっているそうだ。メーカーの話によるとこのシーサーのおとぼけ顔は目や口が微妙に違う4~5種類あるらしい。それにしても不思議な茶碗。欲しいなぁ。

img_coo_10dec10_01.jpg   img_coo_10dec10_02.jpg
▲鎮座しているシーサー   ▲一定の数位を超えると水が出る

 

その他、一例を挙げると、癒し系では家庭のお風呂で楽しめるホームスターSpa(満天星座、深海、花園)、面白バラエティー系では戦国武将傘など笑っちゃうのもあります。 個人的にCOOはホーススターSpaに興味津々。

◆教訓茶碗物語◆
【宮良殿内の「八分さかずき」】約230年前石垣島に宮良殿内に渡来物として贈答された1個のさかずきがあった。8分目以上にお酒を入れると底からすーと抜けてしまう。この不思議さに宮良家では家宝同様に扱って大切に保管してきた。とはいっても来客にはこれを見せ、あるいは使って「驚き」を分かち合い「教訓」話のネタにしていたからタダの家宝ではない。コミュニケーションの手段としても大いに役立っていた。だから石垣島をはじめとする沖縄では宮良殿内の「八分さかずき」として知る人ぞ知るであった。

ZUMBA(ズンバ)

投稿者:コロ /投稿日:2010年12月 3日

数ヶ月前から週1で通い始めたZUMBA(ズンバ)。ZUMBAとは、コロンビア発のラテン系ダンスフィットネスエクササイズ。日本ではずいぶん前から流行ってようですが、オーストラリアでも徐々に人気が出始め、ここゴールドコーストでもあちこちでZUMBA教室を見かけるようになりました。
何かエクササイズしよーと思ってた矢先、たまたま家の近くでズンバクラスがあると聞いて、どんなのかもわからず始めたズンバですが、これがなかなか面白い!サンバやサルサなどいろんなユニークなダンスがミックスされ、飽きのこない動きと音楽がいいのかも。それに、ちゃんと動きができなくても気にせず、とにかく楽しく体を動かそう!というのがモットーのようで、お陰で挫折せず毎回楽しく通ってます♪
また、腰や腕の動きが結構激しく、ちゃんと続けてやれば、気になるおなか周りや二の腕にも効果がありそう♪DVDで自宅でがんばっている人も多いようだし、他の自主トレDVDより、楽しく続けられてシェイプアップできそうな気もします。
何かエクササイズしよーっと思っている方、どうですか?楽しいですよ!

ゴールドコースト発・可愛いエコバッグ

投稿者:ぱんだ /投稿日:2010年11月26日

エンビロサックス(Envirosax)のエコバッグってご存知ですか?
日本に一時帰国する前、お土産に頭を悩ませていた時に見つけたのがエンビロサックスのHPでした。
ゴールドコースト・カランビンバレー発のこのブランド。エコバッグを始め、ウォーターボトル(水筒)やシャワー用砂時計など、環境に優しいグッズを販売しています。
なかでもエコバックは、和風テイスト、幾何学模様などカラフル&キュートなデザインのものが沢山あり、どれにするか迷ってしまいそうです。小さく折畳めたり、20kgの重さに耐えられたり、肩にかけられたりと、見た目がスタイリッシュなだけでなく実用性も重視されている点が嬉しいです。
何でも、キャメロン・ディアス、ジェシカ・アルバ、ジャスティン・ティンバーレイクなどのセレブも愛用しているのだとか…。日本でも結構有名(?)なようで、知っている友達も何人かいました。

img_panda_26nov10_jpg   img_panda_26nov10_02.jpg
▲キュートなデザインがたくさん!   ▲たくさん買いました!


お土産にもピッタリなこのエコバック。エンビロサックスのHPでも購入出来ますが、「英語で申し込むのが不安…」「実物を見てから買いたい!!」という方もいらっしゃると思います。
そんな皆さんは「OKギフトショップ」までどうぞ。ゴールドコースト支店では結構な種類を取り扱っていましたよ。

エアーズロックとダーウィン旅行記 第10話

投稿者:ちゅらかーぎ /投稿日:2010年11月23日

第9話の続き。。朝食はホテルから歩いて数分の唯一のパン屋さんに行ってきました。バスガイドさんもホテルのスタッフも「あそこのパンは美味しいわよ!」と一押しだったので迷わずGo!!本当に美味しそうなパンが並んでます。私達はキッシュと甘いパン、野菜ジュースを買ってお部屋で食べました。

img_cyu_drw_23nov10_01.jpg

今日は原住民アボリジニの聖地アーネムランドへのツアーです。一般には立ち入りが禁止されていて許可書がある人のみ立ち入ることができます。アウトバック!って感じのたくましい女性ガイドさんがマイクロバスを運転してやってきました。参加者は2人。「やった!貸切だ!」

バスはBorder Soreというカフェ兼ショップでトイレ休憩で立ち寄り。ガイドさんは私達のお昼となるランチボックスをピックアップしました。この先、トイレがないからと言われ慌ててショップから離れたあやしげな公衆トイレ?へ。ドアを開けると、...どっぽんなのでハエがすごくわいていましたが、、、、しかし、ここでこの状況に我慢しなければ、この先大変なことになると思い、がんばりました。

img_cyu_drw_23nov10_02.jpg

イーストアリゲーターリバーを境に向こう側がアーネムランド。この川には名前の通り、たくさんのクロコダイルがいます。川を渡ったすぐのところでは警察が検問をしていました。この検問は基本的にアーネムランドから外にでて買い物などをして戻ってきた居住者のアボリジニの方の荷物チェックです。違法にお酒を持ち込んでいないか、危ないものをもっていないか。。。私達はツアーバスなのでバスの正面に置いてある許可書を確認されて通りました。

img_cyu_drw_23nov10_03.jpg   img_cyu_drw_23nov10_04.jpg
▲川を渡るとアーネムランドです   ▲赤土のオフロードをひたすら走る

 

アーネムランドはカカドゥ国立公園と違い、手つかずの荒野。赤土のオフロードを走ることが多く、案内板もなければ、どこになにがあるという地図もない。だから専門のガイドさんがいなければ難しい場所です。途中、車を止めてアボリジニ神話やどうやって人間(ヒューマン)が誕生したのかなど詳しく話してくれました。また、アーネムランドに居住するアボリジニ社会のルール、悪い事をした時の処罰方法なども興味深い話でした。 写真を撮ってはいけない神聖な場所もありました。どうしてかはたくさんの人骨があったので納得がいきました。ということで、あまり写真はありませんが、何点かご紹介しましょう。

img_cyu_drw_23nov10_05.jpg   img_cyu_drw_23nov10_06.jpg
▲ここはどこ?   ▲地球?同じ地球と思えない景色
img_cyu_drw_23nov10_07.jpg   img_cyu_drw_23nov10_08.jpg
▲手つかずのアボリジニ壁画を探す   ▲インディージョーンズな景色が広がる
img_cyu_drw_23nov10_09.jpg   img_cyu_drw_23nov10_10.jpg
▲干からびた蛇、トカゲ   ▲この景色にただただ感動!

 

途中、私達のマイクロバスは赤土にはまってしまい、脱出できなくなったハプニングがありましたが、たくましいパトロール中の警察とレンジャーに助けられました。「サンキュ!」そしてお昼をとるbillabongに到着です。ガイドさんがお昼の準備をするまで散歩です。「水辺からは10メートル離れて歩いてね」と言われました。これはダーウィンに来てから毎日、それぞれのガイドさんに言われていることです。なぜなら、クロコダイルに襲われないため。水にいるクロコダイルが地上にあがって追いかけられた場合、これぐらいの距離間を保っていないとパクリとやられてしまうからだそうです。実際、お昼を食べてたら餌を捕えたワニが水面から体半分でてきて大きな口でバクリと食べた瞬間を見てしまいました。。あー、恐い。

img_cyu_drw_23nov10_11.jpg   img_cyu_drw_23nov10_12.jpg
▲とても静かで、   ▲心地よい場所ですが。。。
img_cyu_drw_23nov10_13.jpg   img_cyu_drw_23nov10_14.jpg
▲それ以上、近づくとワニの餌となります   ▲これは私達のランチ

 

ランチ後、いよいよ実際にアボリジニの方が生活をしているコミュニティエリアへ移動です。クイーンズランダー式の家、学校、そして生活をしているアボリジニの家族。。。バスが停まったのはアボリジニの方の手作り工芸品、絵等を販売するカルチャーセンター。バスを降りる前にカメラやビデオは撮らないようにと言われました。皆、地べたに座って籠を編んだり、絵を描いたりしています。私達を見るギョロッとして目が少し恐い感じがしましたが、ガイドさんは顔見知りなので「Hi How are you?」と話しているのを見て少し緊張感がとれました。絵を書いているアボリジニの方の傍でじっと見ているとあの細かい絵は下書きなし、そして、割り箸の先を尖らせたようなものを筆代わりにして、さっさっつと描いているのには驚きました。ちなみに水いれは空き缶をくりぬいたものでした。そんな私達のところに近づいてきた別のアボリジニの方はなんと手に生きた亀を持っていて、ガイドさんに「これ、今日のお昼だよ」と話かけました。 これには少し驚きました。

私達は中に入り工芸品を見て、記念に絵を購入。本物です。ダーウィン市内やカカドゥ内の絵より安く、ステキな絵がたくさんありました。外にでてバスまで戻る途中、先ほどの亀が鍋の中に入ってグツグツと煮られているのを発見。やっぱり食べるんだなあと。。。「アーネムランド全体が彼らにとって巨大デパートみたいのものよ。全部ただだしね」とガイドさん。自分達とはまるで違う生活をしているアボリジニのコミュニティは衝撃的でした。 ホテルに戻り、私達2人はなんだかボーっとしてしまいました。あまりにも私達とはかけ離れた生活。本当に考えさせられる事がたくさんありま。スピリチュアルなものを感じるってこういうことなのかと実感しました。そして、この後このツアーへの参加は私達の生活に、とっても大きな影響を与えたのでした。

第11話へ続く

サーファーズパラダイス・ビーチエリア

投稿者:コロ /投稿日:2010年11月19日

img_koro_19nov10.JPG半年程前から始まったゴールドコースト中心地、サーファーズパラダイスビーチエリアのリニューアル工事。徐々に、ベンチやビーチ入り口の周辺が一新した雰囲気に変わってきました。何となくサンシャインコーストのムールーラバビーチエリアを想わせるような雰囲気で、晴れの日にここで海を眺めながらのんびりくつろげそう!全部の歩道が完成するまでもうちょっとかかりそうですが、出来上がりがすごく楽しみ!ビーチ沿いのお散歩もますます楽しくなりそうです。
また、ビーチには幾つかビーチイベント用のテントが張りだされて、今週末から始まるスクーリーズに向け準備も着々と進められているようです。今年もかなり賑やかになるんでしょうか??

簡単ナチョス

投稿者:kimmy /投稿日:2010年11月 9日

Cooさんに引き続きメキシコ料理です。
ところで休日のお昼って皆さん、何を作ります?日本の自宅ではインスタントラーメンが定番だったのですが、オージーと結婚した私はラーメンというわけにはいきません。やっぱり、コテコテのチーズ物が大好きな旦那様のために、このナチョスをよく作ります。
材料はコーンチップス(doritosのチーズ味がお気に入り)、チーズ(Tasty チーズのshrededの物)、アボカド(さいころ状に切る)、ねぎ(みじん切り)、salsa dip(ホームブランドでもdoritos製でもOK)
作り方は、耐熱皿に材料をしき並べて、レンジでチン。だいたい3分くらいで、チーズがとけてきたら出来上がりです。好みによりタバスコをかけてお召し上がり下さい。

img_kimmy_09nov10.jpg

このページのトップへ移動