アコモネットがオーストラリア全土のホテル、コンドミニアム、レンタカー、空港送迎、ゴルフ、現地ツアーの予約手配をお手伝いいたします。

申し込みカートを見る

オーストラリアの車事情

オーストラリアの車事情

基本情報

州によって交通ルールや運転免許取得可能な年齢が異なります。またレンタカー会社により、利用できる年齢の制限が設定されているので、レンタカーを借りる前に確認をしてください。日本と同じ左側走行で右ハンドル、時速はキロ単位、交通ルールの基本もほぼ同じなので違和感なく運転できます。しかしながら、どんなに運転に慣れていても交通規則やマナーには常に注意して安全運転を心がけてください。

QLD州(PDF日本語)SA州(HP英語)NSW州(PDF日本語)VIC州(PDF英語)WA州(PDF英語)TAS州(PDF英語)

シートベルト

ドライバー、助手席はもちろん、同乗者全員のシートベルト着用が義務付けられています。また、お子様が同乗される際にはチャイルドシートの装着も義務付けられています。詳しくはFAQをご覧下さい。

img_seatbelt.jpg

制限速度

img_speedlimit.jpg一般的に市街地は時速60Km、郊外は時速80Km、ハイウェイは100〜110Kmとなっています。町中や住宅地は時速50Kmの制限があり、スクールゾーン(通学区域)では通学、帰宅時間帯に時速40Kmの制限がありますので、運転中は制限速度標識を確認するようにしましょう。

信号

「赤・黄・青」という表示が縦一列に並び、色の意味は日本と同じです。大きな道路では「赤・黄・青」の左折、右折の矢印信号が設置されているので、矢印が青なのを確認してから走行しましょう。右折の場合、「U turn Permitted」という表示があればUターンすることができます。左折に関しては「常に左折可(Turn Left any time with care)」と表示されている道路が多いので、表示があれば「常に左折可」と判断してください。また信号がない交差点では交通量が多い道路、広い道路が優先になるので、交差点に「STOP」「GIVE WAY」の標識がある場合は、一時停止をして前方の優先道路の安全を確認してから走行しましょう。

ラウンドアバウト

交通量が少ない交差点には信号の変わりにラウンドアバウトがあります。(日本で言うロータリーと似たようなものです。)「この先ラウンドアバウトあり」という標識を見たら速度を落としましょう。すべての車は時計回りに走行します。

1. 右側から来る車(すでにラウンドアバウトに入っている車)が優先となります。
2. 入る時は自分が曲がる方向の指示器をだします。
3. ラウンドアバウトで出る手前で左の方向指示器をだします。

2車線あるラウンドアバウトに進入する場合は、左側の車線は左折と直進、右側の車線は直進と右折というように車線によってラウンドアバウトから出る方向が決まってしまいますので、ご注意ください。

駐車(パーキング)

路上駐車をする際には、必ず駐車可能の標識があるところを見つけ、写真のような駐車可能な曜日、時間を確認してから駐車しましょう。Metreという表示がある場合は、駐車する時間に合わせた金額をパーキングメーターに投入してください。駐車チケットが発券される場合は、チケットを車のフロントガラスに目立つように置いておくこと。駐停車禁止区域に駐車すると罰金はもちろん、レッカーで移動されてしまうケースもありますのでご注意下さい。車から離れる場合は、車内に貴重品をおかないこと、また、スーツケースなどの大きな荷持つや買い物類は必ずトランクに入れること。最後に窓は開いていないか、ロックはしたか、必ず確認することを忘れずに。
img_parking01.jpg

交通違反

主な違反は駐車違反、スピード違反、飲酒運転、信号無視となっています。違反をして警察官に停車を命じられたら、速やかに路肩に停車し警察官の指示があるまで待つこと。違反チケットを切られたら、指定の場所へ出向き罰金を支払うこと。未払いのまま日本に帰国した場合は、レンタカー会社を通じて請求書が送られてきます。

夜間のドライブ

img_police.jpg夜間、郊外を走行する場合は、夜行性動物(カンガルー、コアラ)が車のライトに向かって飛び出してくることがあるので慎重に。特に「この先カンガルーに注意」という標識があるエリアでは注意が必要です。万が一、夜行性動物をはねてしまった場合は路肩に移動するのがマナーとなっています。

ガソリンスタンド

オーストラリアではガソリンスタンドのことを「PETROL STATION」と言い、多くはコンビニエンスストアが併設されています。日本で言うレギュラーガソリンは「Unleaded」。 リッターあたりで料金が表示されて、給油はセルフサービスになり、給油後は支払いカウンターに行って給油スタンドの番号を告げて料金をお支払いください。(割引クーポンを持っている場合は、クーポンを提示してください)支払いは現金、エフトポス、クレジットカードとなります。
img_petrol.jpg

高速道路

高速道路は一般的に「Highway」と呼ばれ、高速料金の支払いなく走行できる道路がほとんどです。高速道路使用料金が必要な道路は「TOLL ROAD」と案内表示がありますので予め支払いの準備をしておきましょう。また日本で言うサービスエリアのことをService Centreと言いますが、ガソリンスタンド、コンビニエンスストア、トイレがあるだけです。大きなサービスセンターにはマクドナルドなどのテイクアウェイショップが2〜3店舗入っていますが、日本のサービスエリアのような雰囲気ではありません。

覚えておきたい標識とマーク

一時停止 車両進入禁止 前方優先道路 前方ラウンドアバウト。右側から走行してくる車優先 左折禁止
右折禁止 ユーターン可 前方道路を確認し左折する 制限速度60キロ スクールゾーン。表示時間帯は制限速度40キロ
時間制限駐車区間。表示時間帯は最高2時間まで駐車可。 対面通行 この先ラウンドアバウトあり この先歩行者横断歩道あり 歩行者横断歩道あり
道路中央に避難帯があり、歩行者の横断あり この先、信号あり スピードバンプあり(スペード減速のためのコブ) カンガルーに注意 コアラに注意
左車線終わり。右車線と合流します ラウンドアバウトの出口案内 この先、行き止まり 表示の方向に駐車場あり 乳母車利用者専用駐車スペース
 
ハンディキャップ専用駐車スペース  

ご予約のお申し込み

カーグループ
日 程




チャイルドシート
利用人数 荷物個数
宿泊先 宿泊先電話
宿泊先住所
運転者氏名
※お申込者と運転者が異なる場合は運転される方のお名前(パスポートに記載されているローマ字表記)をご入力ください。
運転者年齢
お問い合わせ

レンタカーに関するお問い合わせ

(必須)
(必須)
(必須)

お得なキャンペーン情報などをお送りしてもよろしいですか?

希望する
このページのトップへ移動