アコモネット

アコモネット コンドミニアム&ホテル予約センター

よくあるご質問【コンドミニアム・ホテルについて】

質問したい内容がトピックにない場合は「お問い合わせ」ページからご連絡ください。

コンドミニアムとはベットルーム、リビング、ダイニング、キッチンが備えられている「賃貸型のリゾートマンション」のことを言い、フルキッチンで冷蔵庫、電子レンジ、調理器具、食器類など自炊に必要な道具の他、洗濯機、乾燥機がすべて揃っています。スーツケース1つで暮らすように滞在できる生活体験型、滞在型の宿泊施設です。

シティ滞在:シドニー、メルボルン、ブリスベンなどの都市にあるコンドミニアムは、出張で利用するビジネスマンが多いからでしょうか、ビジネス街へ移動するのに便利な立地にあって、部屋は大きすぎず、狭すぎず、インテリアはシンプル。歴史的建造物の外観は残して内装をモダンに改装したコンドミニアムが多いのも特徴のひとつです。時期にもよりますが最低宿泊日数は1泊から設定されていたりと短期滞在も可能です。

リゾート滞在:パームコーブ、ポートダグラス、ヌーサ、ケアンズ、ゴールドコーストなどのリゾート地にあるコンドミニアムは、オーストラリア人の間でも、休暇を過ごす滞在先としてとても人気。屋外プール、スパ、ジム、バーベキューエリアなどのレクレーション施設が充実していることが多くコンドミニアムで一日中楽しむことができます。欧米人がリゾート地で過ごす平均的日数は2週間~1ヶ月の長期。最低宿泊日数が3~5泊以上、7泊以上になると長期割引が適用されることがあります。オーストラリアの祝日、スクールホリデー、卒業シーズン、クリスマスホリデーなどは特に込み合うので、こういった時期ははずして休暇の計画をたてるか、余裕をもって予約をするかをお薦めします。

・低層コンドミニアム
オーストラリアでは、景観をそこなわないように地域によって建物の高さ制限が設けられています。こういった地域(居住区、リゾート地等)に多くみられるのが低層コンドミニアムとなります。小規模なコンドミニアムの場合、夫婦あるいは家族で宿を運営しているので気さくでアットホームな雰囲気があります。建物の階数によってはエレベーターがついていないこともあるので必要な場合は必ず予約時に確認してください。

・高層コンドミニアム
低層コンドミニアムと比較しロビー、フロントエリアが広く、プール、ジム、スパなどの付帯設備もより充実しています。コンドミニアムの階数にもよりますが10~15階以上が高層階になり、お部屋によってはオーシャンビュー、リバービュー、マウンテンビュー等の景色を楽しむことができます。「こんな部屋に泊まりたい!」というお客様の希望はコンドミニアム側に伝えるのですが、残念ながら必ず希望通りになるとは限りません。「絶対に泊りたい!」という場合は、「高層階確約」、「オーシャンビュー確約」等の料金設定があるコンドミニアムで予約することをお薦めします。

・ビィラタイプ
2BRM~3BRMのビィラタイプのコンドミニアムが短期宿泊用に貸しだしされていますが、まだ物件数が少なく、最低宿泊日数は5泊~7泊ということが多いです。どの都市、地域にあるかにもよりますが、ゴルフ場隣接、ウォーターフロント、大きなプールやバーベキュー設備付き等、とにかく日本の住宅とは違った広さ、環境に感動するはず。こんな夢のような一戸建ては残念ながら中心地、観光地でなく、閑静な住宅街、郊外のリゾート地にあるので、「車を利用する」、「海外旅行に慣れている」、「オーストラリアはもう何度も来ている」人向きです。オーストラリア人と同じように地元の生活に触れ、のんびりと滞在することができるでしょう。

・スタジオルーム
ホテルルームに簡易キッチンがついたような部屋。1名利用で、3泊未満の出張旅行などに適していると思います。最近ではホテルルームをスタジオスイートと呼ぶコンドミニアムもあり、電子レンジと冷蔵庫だけしか備わってないこともあるので、必ず予約する前に確認をしたほうがよいでしょう。洗濯機、乾燥機、オーブン、食洗機などがついていない場合もあります。

・1BRM
リビング、ダイニング、キッチン、ランドリー、バスルームそして寝室が個室になっているタイプの部屋。ベッドは通常、ダブルかクイーンサイズが一台設置されているので1名あるいは2名の利用で一台のベッドに一緒に寝ることができるカップル、ご夫婦、親子に適していると思います。コンドミニアムによってはツイン仕様で予約を入れることもできます。またエキストラベット(有料)をお部屋に入れて別々に寝ることもできます。

・2BRM
リビング、ダイニング、広めのキッチン、ランドリー、バスルーム×2そして寝室×2が一般的な部屋タイプなのですが、バスルームが1つ、キッチンも標準サイズという場合も稀にあります。主寝室のベッドは通常、キングまたはクイーンサイズが一台、セカンドベッドルームにはキングまたはクイーンサイズが一台またはシングルベッドが2台設置されているので、3~4名のご家族、友達同士の滞在そしてロングステイされるご夫婦にも適しています。コンドミニアムによっては隣り合わせの1BRMとホテルルームをインターコネクティングルームにして2BRMとして運営しているので、リビングやキッチンが狭く感じることもあるでしょう。

・ペントハウス
最上階にある、広く眺望の良いラグジュアリーなお部屋です。プライベートプールやスパが併設されていることも多く、専用のリフトが備わっていたりします。プライバシーを守りながら滞在することが可能です。ペントハウスのお部屋の間取りは2BRM、3BRM、4BRMなどで、メゾネットタイプのお部屋もあります。

いいえ。ご紹介しているお部屋の写真は代表的なお部屋の一例になります。コンドミニアムの場合、各お部屋のオーナーが異なりますので間取り、インテリア、 設備等が異なります。

基本的なお部屋の種類/定員数はSTUDIO(スタジオ)/定員2名、1BRM(1ベットルーム)/定員2名、2BRM(2ベットルーム)/定員4名、 3BRM(3ベットルーム)/定員6名になります。
STUDIOはホテルタイプのワンルームにキッチネットがついたタイプです。
1BRM、2BRM、3BRMはそれぞれ日本でいう1LDK、2LDK、3LDKタイプの部屋で寝室とリビングが別室として区切られています。

追加料金(エキストラ料金)をお支払頂ければ手配することは可能です。宿、お部屋タイプによって異なりますが、基本的に1BRM、2BRM、3BRMそれぞれのお部屋タイプの定員数に1人追加宿泊が可能です。
1部屋の最大ご利用人数は、宿によりまたお部屋によって異なりますので、お申込時にお問い合わせ下さい。

消防法に基づく規定が大変厳しいので、お子様が幼児であっても人数に反映されます。各お部屋タイプの人数制限は必ず守らなければいけません。

ご予約時に宿側にリクエストをいれることはできますが、確約することはできかねます。

飛行機の遅延やキャンセルなどいかなる事情であってもお客様のご宿泊が出来なくなった場合、当日キャンセル(不泊)扱いとなりますのでご注意ください。
オーストラリア行きの飛行機の遅延がわかった時点(ご出発前かつ予定チェックイン時間前まで)に弊社までご連絡ください、お泊り予定の宿に到着日変更を連絡し予約がキャンセルにならないよう手続きいたします。飛行機遅延のためにご宿泊出来なくなった分の宿泊代金は返却されませんのでご了承ください。

通常コンドミニアムのチェックインは午後2時以降ですが、これよりも早い時間からお部屋をご利用されたい場合はアーリーチェックインの手配をいたします。この場合、到着日前日からお部屋を確保するため1泊分の追加宿泊代金がかかります。
ただし到着日前日に空室がない場合はアーリーチェックインのお手配できかねます。
詳しくはお申込み時にお問い合わせ下さい。

使用したものは元の場所に返しておく必要があります。食器や調理器具が使用したままで放置されている場合、次のお客様をお部屋にお通しするのが遅れるため別途ペナルティの請求をされることがありますので洗って元の場所へ戻して下さい。
必要最低限のマナーは守りましょう。

通常、建物内にあります。クイーンズランド州のリゾート地のコンドミニアムでは無料で利用できることが多いですが、宿によっては有料となります。
シドニー、メルボルンなどの都市型のコンドミニアムでは駐車場代は有料となります。都市部で駐車台数に限りがある場合に事前の予約はできませんが、満車の場合は近隣の駐車場を紹介してもらえます。

※駐車場の有無、料金(有料/無料)、高さ制限(アンダーカバー駐車場の場合)などは宿によって異なります。

ほとんどのコンドミニアムではバスローブやパジャマが用意されておりませんので、日本からお持ち下さい。現地でもパジャマを購入出来ますが、一般的に衣料品は日本の物の方が品質が良いです。ホテルの場合、バスローブが用意されている場合はあります。詳しくはお問合せ下さい。