アコモネット

アコモネット コンドミニアム&ホテル予約センター

よくあるご質問【レンタカーについて】

質問したい内容がトピックにない場合は「お問い合わせ」ページからご連絡ください。

いいえ、できません。日本出発前に必ず最寄の都道府県運転免許課、あるいは運転試験場で国際運転免許証を取得して下さい。お車の引き取り時には国際運転免許証と一緒に日本の運転免許証をご提示頂かなければなりませんので忘れずにお持ち下さい。

いいえ、オーストラリアの運転免許証のみでお車をご利用頂けます。有効期限が切れていないか必ずご確認下さい。

いいえ。英語で表記、且つ顔写真付きの外国発行の運転免許証(米国、英国、ニュージーランド等)をお持ちの場合は、その運転免許証をご提示頂くだけで、お車をご利用頂くことができます。ただし、有効期限内にある運転免許証のみ利用可能となりますので有効期限が切れていないか必ずご確認下さい。

お車の引き取り手続きをされた時間を基点とし、24時間を1日と計算します。

例 1) 1月1日午前8時引き取り、1月2日午前8時返却の場合、1日のレンタル期間となります。
例 2) 1月1日午前8時引き取り、1月2日午前9時返却の場合、2日間のレンタル期間となります。

いいえ、カーグループ(車のグレード)のご指定はできますが、車種は例として挙げられている車種、もしくは同等クラスのものとなりご指定はできかねます。

はい、21歳〜75歳までとなります。ただし、アコモネットでご紹介している「コミコミ・レンタカー・パック」は25歳以上の方が対象となります。お車の借受人、もしくは追加ドライバーの方が21歳〜24歳の場合は、お問い合わせ下さい。

ご契約者がメインのドライバーとなり、メインのドライバー以外の運転手のことを追加ドライバー(Additional Driver)と呼びます。メインのドライバー以外の方が運転する予定がある場合、必ず引き取り時にご登録下さい。登録されていない方が運転された場合、保険の適用はございません。

はい、お子様が同乗される場合、オーストラリアでもチャイルドシートの利用が義務付けられております。チャイルドシート対象年齢は3歳以下というのがオーストラリアでは一般的な考え方ですが、年齢はあくまで目安となります。
車の座席に座った際に、シートベルトがお子様の首にかかるような格好になる場合はチャイルドシートが必要となりますが、逆にチャイルドシートに座った際に、お子様の目線が前方のシートの位置よりも高くなってしまう場合は必要ございません。したがって、チャイルドシートのご利用に関しましては、お子様の年齢だけでなく、身長と体重もあわせてお考え頂いて、ご利用になるかどうかお決め下さい。判断が難しい場合、とりえず手配のみしておき、お車の引き取り時に現物をご覧頂き必要かどうかを判断されると良いでしょう。(チャイルドシート料金はレンタカー会社に直接お支払い頂きますので、仮に現地でキャンセルしても料金はお支払い頂かなくても結構です)

いいえ、日本とオーストラリアでは、チャイルドシートの安全規格が異なります。チャイルドシートは、現地にてお借り下さい。

いいえ。弊社で手配が出来るのはスリフティ社の営業所での借出し、返却のみになります。市内にある営業所の営業時間は午前9時から午後5時までというところが多く、週末は半日もしくは定休日のところが多くなっておりますので、旅行期間中を通じてレンタカーをご使用になるのであれば空港営業所での借出し、返却をお勧めいたします。

「コミコミレンタカーパック」には、強制第三者保険、スタンダードカバー、アルティメット・プロテクションが含まれます。

・強制第三者保険(負傷した全ての第三者、同乗者に対する賠償をカバー)
・スタンダードカバー(スリフティーの車両と対物への損傷をカバー)
・アルティメット・プロテクション【損傷負担金(車両の損傷に対するお客様の負担金がゼロになる)/単一車両事故負担金(単一車両事故時のお客様の負担金がゼロになる)/タイヤ・フロントガラス損傷時のカバー(リム、トリム以外のタイヤとフロントガラスの事故的な損傷をカバー)】

※一部遠隔地でカバーされる内容が異なる場合がございます。レンタル開始時に、レンタカー会社のスタッフと保険内容を必ずご確認下さい。

弊社のホームページ上に掲載している料金には、空港使用料金が含まれておりますので、現地にて別途お支払い頂く必要はございません。

スリフティー社では、お車の引き取り時にクレジットカードの提示をお願いしています。通常、クレジットカードに$385〜1,100程度(営業所や車タイプにより金額は異なります)がオーソライズされます。こちらは実際に引落し手続きがされたわけではなく、「万一の時に備えてレンタカー会社が優先してその金額を決済できるように『押さえている』状態」になります。支店によってはオーソライズではなく、システム上、実際に引落し手続きをする場合もあるようです。いずれにに致しましても、無事にお車を返却された場合、オーソライズは解除されますし、引き落とし手続きもキャンセルされますのでご安心下さい。

シドニー、メルボルン、ブリスベン近郊には有料道路がございます。日本とは異なり料金所は無く、すべて日本でのETCのようなシステムになっております。スリフティ社のレンタカーにはすべてこのETCユニットが装備されていますので、通常通り走行可能です。
支払いについてはレンタカー借出しの際に営業所で提示したお客様のクレジットカードからの直接の引き落としになります。(この請求はレンタカー会社からの請求になります)

いいえ、禁煙です。